読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

そういうことブログ

About English learning, Lifehack and something like that..

オンライン英会話で修行を積んだ私がロンドン出張で感じたこと3つ(ビジネス編)

nacrie.hatenablog.com

先週はオンライン英会話で修行を積んだ私が、ロンドン出張で出来るようになったこと(基礎編)を紹介したが、今回はビジネスにおいてどのくらい出来るようになったかを書いてみたいと思う。

本題に入る前に

本題に入る前に、これまで私がやってきたことを列挙してみると大きく以下の3点に集約される。

-TOEICスコア865点取得(2年前に取得。勉強開始前は590点)

-瞬間英作文10冊

-オンライン英会話5000分受講

まずは、TOEICスコアAランク(860点以上)の取得を目標に勉強した。「TOEICスコアが良い→英語ができる」は必ずしも成り立たないが、「英語ができる→TOEICスコアが良い」は成り立つ。日本ではTOEICのスコアを取得することは就職・転職、社内評価などで色々と優位に働くし、基礎的な単語力や文法力はここで磨かれたと思う。

ただし注意したいのは、TOEICスコアが良いからと言っても、ビジネスレベルにはまったく到達していないこと。海外生活や留学未経験でこのアプローチを取った場合、そのことは誰よりも自分が理解しているはず。英語を勉強する目的は、「TOEICで良いスコアを取る」ことではなく、「英語でビジネスを推進する実力をつける」ことだ。

そこでTOEIC以降は真にビジネスで使える英語を学ぶことにした。多読やNHKラジオなどにチャレンジしたこともあったが長続きせず、最終的には瞬間英作文オンライン英会話の2本柱に落ち着いた。

具体的な勉強方法は以下の記事に詳しく書いたのでご参考までに。

nacrie.hatenablog.com

nacrie.hatenablog.com

次に、実際にロンドン出張のミーティングで感じたことを記載していく。

1.事前準備がなくてもミーティングができるようになった

f:id:nacrie:20160605213452j:plain

日本人と日本語でミーティングする場合は、アジェンダと資料を用意しておけば、誰でもそれなりにミーティングをファシリテートすることはできるだろう。それが英語となると話は別である。

英語に苦手意識がある人は、初めのつかみの挨拶から、スライドごとに英語のカンペを用意し、最後の締めの言葉に到るまで準備をしてミーティングに臨むことが多いのではないか。私もかつてはそうであった。

それが今回の出張では違った。

中学生レベルの文法と表現ではあるものの、事前準備をせずともミーティングを回せる様になっていた。

"Here is today's agenda. First of all, I'd like you to explain what is the purpose of  today's meeting"(今日の議題はこれです。まずは今日のミーティングの目的をご説明します)

"Let's get started. ◯◯san, over to you"(それでは始めます。◯◯さん、お願いします)

"Let me confirm again, First,XXXX, Second,XXX, at last,XXX. Is it correct?"(ちょっと確認させてください。まず、XXXXで、次にXXXXで、最後にXXXXで、合っていますか?)

"I really appreciate for taking your time out of your busy schedule" (お忙しい中お時間を取っていただき本当にありがとうございました)

瞬間英作文で勉強したフレーズを引き出しから選び・繋ぎあわせ・言葉に出す。これらの一連のプロセスは、瞬間英作文のインプットと、オンライン英会話でのアウトプットの両輪を反復トレーニングすることで、本番でも活かすことができるということをまさに実感することができた。

ちなみに、ビジネスにおける瞬間英作文では以下の本のフレーズの暗記が大いに役立ったので紹介しておく。

CD付 会社でよく使う ミーティングのひと言英語フレーズ

CD付 会社でよく使う ミーティングのひと言英語フレーズ

 

ビジネス英会話は話題がそのビジネスと周辺領域に限定されるため、フリーカンバセーションより簡単だと言われる。そのため、ミーティングで使うフレーズをひと通り暗記しておけば、より本題に集中することができるため、かなりスムーズにミーティングを進めることができる。

2.英語の資料は自分で作ったほうが良い

これは何も英語に限った話ではないが、自分が使う資料は自分で用意したほうが良い。それが英語であれば尚更である。

今回の出張で使う資料は、まず「日本語で自分が用意→他の人に翻訳をお願いする」という方法を取っていた。しかし、この資料を使っていざ話そうとすると、自分の引き出しにある英語表現と、スライドの英語表現にところどころズレが生じ、うまく話すことができないところがあった。資料はなるべく自分で用意し、自分が話すシーンをイメージしながら作ることが良いプレゼンに繋がることを改めて認識した。

そのため、今は日本語で資料を作ることは基本的にしない。

そもそも日本語で作成すること自体が時間の無駄であるし、誰かに翻訳させるにしても、上記の通り認識に齟齬が生じる可能性があるためである。

また、英語の資料を作るときに引き出しとなるのは、ここでも瞬間英作文で暗記したフレーズ群である。

資料を英語で作るトレーニングを繰り返すことは、自分の引き出しの中にあるフレーズを有機的に組み合わせる作業と同義であり、飛躍的に自分の英語での資料作成能力を高めてくれる。

3.スムーズなディスカッションができなくても心がけることがある

相手がネイティブスピーカーの場合、スムーズなディスカッションはまだ難しいことも分かった。

ミーティング中ディスカッションがヒートアップして、相手が話す速度が上がったときに、何度か言ってることを聞き返すことがあった。

そのときに注意することはひとつ。「分かったふりをしない」こと。

例えば、相手が話していることがあまり分からなかったとする。そのときに一番ダメなのが、「分かったふりをする」ことである。これは現地駐在の人にも何度も言われたことだ。

日本人の悪い癖なのかもしれないが、ミーティングを進めていく中で、曖昧な部分や、分からないことや、聞きたいことがあったときに質問せず、そのまま流してしまうことがある。

しかし、これはもっとも避けるべき行為と今回の出張では自分に言い聞かせて、分かるまで何度も質問した。

"Sorry, Can I ask you again?"

"Let me confirm again?"

このフレーズは出張の中で何度使ったか分からない。相手も自分が日本人で英語力が不十分であることは理解しているはず。ミーティングを価値あるものにするか、そうでないかは、お互いの主張を理解することから始まる。それができないようであればわざわざ高い出張費をかけて現地に良く必要はない。

4.最後に 

私の中で劇的な変化を感じたのは、TOEICで良いスコアを取った時ではなく、今回の出張でイギリス人とコミュニケーションを取ることが出来た時である。

まだ映画は字幕なしでは理解出来ないし、ネイティブスピードの会話についていくことはできないが、私のようなアラサーでも、やり方を間違えなければ、英語はやればやるだけ確実に前進することができる。

私の最終目標はネイティブと英語でネゴシエーションできるようになることである。

それまで果てしない英語学習は続く。

オンライン英会話で修行を積んだ私がロンドン出張で感じたこと(基礎編)

f:id:nacrie:20160530220927j:image

5月末に、クライアントの欧州HQがあるロンドンに1週間出張してきた。

nacrie.hatenablog.com

上記の記事でも書いたが、それなりにオンライン英会話で修行した私。そんな私が英語力を試すのに格好の機会でもあった。今回は出張の中で私が感じたことを備忘として記載したいと思う。

1.イギリスへの入国審査

まず入国審査で早速英語力を試す機会があった。

イギリスは入国審査が世界一厳しい国として知られているらしい。日本のパスポートであれば大体の国はフリーパスであるが、イギリスはそうはいかないらしく、戦々恐々としていた。

まず、訪問目的はビジネスということを伝えると、簡単に以下のやりとりがあった。

  • 何のために来たのか
  • どのようなビジネスか
  • 何日いるのか
  • どこに泊まるのか
  • イギリスから出国したら、次はどこにいくのか

入国審査でありがちな、まくし立てられるような質問の連続。以前の私であれば、戸惑うレベルであったが、DMM英会話で修行を積んだ私は、特に支障なくこなすことができた。

2.レストランやカフェでの注文

レストランやカフェでの注文も問題なくコミュニケーションは取れることができた。今回の出張は4〜5人の日本人グループで行動することが多かったのだが、大体必要なやりとりはある程度決まっている。

  • 5名だけどテーブルの空きはあるか
  • 何分くらい待つ必要があるか
  • 追加のお皿が欲しい
  • まだ食べかけなので下げないで欲しい
  • チップは含まれているか

など。基本的にレストランやカフェでのトークは答え方もある程度単純であるので瞬間英作文でこうしたやりとりに対応する文章を覚えることで対応できる。電話での予約も大体同じ感じだ。

私が役に立ったなと思うのは以下の参考書。文章の数はそれほどではないが、カジュアルで実用的な英作文が詰まっているので、憶えて損はなかった。

絵で見てパッと言う英会話トレーニング 海外旅行編 (語学書 単品)

絵で見てパッと言う英会話トレーニング 海外旅行編 (語学書 単品)

  • 作者: Nobu Yamada
  • 出版社/メーカー: 学習研究社
  • 発売日: 2011/08/03
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • 購入: 2人 クリック: 2回
  • この商品を含むブログを見る
 

 

絵で見てパッと言う英会話トレーニング 基礎編 (語学書 単品)

絵で見てパッと言う英会話トレーニング 基礎編 (語学書 単品)

 

3.ロンドンの地下鉄オイスターカード購入時のトラブル対応

https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/thumb/3/30/Oystercard.jpg/800px-Oystercard.jpg

ロンドンでは地下鉄に乗る際、日本のSuicaやPasmoのようなICカード(オイスターカード)を購入する必要がある。私も地下鉄に乗る前に購入しようと思ったのだが、クレジットカードで決済が完了したにも関わらず、なぜかオイスターカードが出てこない。そのため、係員にその旨を伝えてカードを発行してもらう必要があった。

"I intended to buy Oyster card, and my credit card got approved, but Oyster card hasn't come out(オイスターカードを買おうと思って、クレジットカードが決済されたのに、カードが出てこないんだけど)"

みたいな英語のやりとりをして係員に伝えた。

すると、おもむろに係員が自動券売機をバンバンと叩きはじめ、しばらくすると、ポロッとカードが自販機の奥から落ちてきた笑

上記のようなトラブルでも何とか意思疎通ができたことは自分の中でも進歩だと思う。

4.現地英国人メンバとの飲み会

ミーティングの後に現地英国人メンバとパブで飲み会があった。折角の機会だし、日本人同士で固まってしまうようだと駄目だと思い、積極的に現地のメンバに話しかけた。

f:id:nacrie:20160530220708j:image

いわゆるイングリッシュパプ

趣味の話はこれまでDMM英会話で沢山行なってきたので、それなりに自信があったのだが、実戦で試す機会、特にネイティブとの会話は初めてであった。

しかし、結果的には外人相手にも物怖じせずに話すことが出来た。特にロンドンっ子にはサッカーの話や、自転車の話(ロンドンは自転車通勤が多い)は鉄板で、かなり盛り上がった。

よく「フリートークが出来ない」と嘆く人を見るが、ある程度の基礎力と、共通の話題(これは日本語のトークでも同じ)があれば、それほど臆することはないのだなと実感した。

5.あとがき

海外の留学経験がない私が何より重要視したのは、DMM英会話で実戦経験を積むことと、瞬間英作文で大量の英作文をインプットすることに尽きる。そしてこうした訓練は消して無駄ではなかったことが今回の出張でわかった。

なお、次回はビジネス編を執筆する予定ですので、良かったら読んでみてください。

その他

具体的な英語学習内容は以下の記事にもまとめたので参考にして頂けると幸いです。

nacrie.hatenablog.com

オンライン英会話を5000分やって出来るようになったこと

2015年10月からDMM英会話を始めてから約半年。ようやく5000分に到達。

f:id:nacrie:20160410154330j:image

1レッスン25分なので5000分だと200回。この間はレアジョブ、hanaso、ラングリッチなど他のオンライン英会話の体験レッスンも受講した。結果として、ほぼ毎日2レッスン前後を続けてきて、私が出来るようになったことと、まだ出来ないことを紹介したい。 

日常会話レベルであれば伝えたい事は大体伝えられるようになった

オンライン英会話を続けてきて一番効果があったなあと思うのはこの点。

自分は良くある座学勉強型の人間で、TOEICのスコアだけはそこそこだったが、スピーキングとなるとてんで駄目。海外旅行に行っても、

「ホテルでタクシーの予約をスムーズに伝えられない」

「入国審査のやりとりでどぎまぎしてしまう」

「カフェで注文がうまく伝えられない」

など、おおよそ英語の出来ない日本人と大差ないレベルであった。

それが、毎日英会話をやっていると、自己紹介はもとより、日々あったこと、自分の悩み、自分の将来など、伝えたいことを常に英語で伝える癖が付くので、日常会話レベルであれば大体伝えられるようになった

特に上達を実感したのは、アメリカに行ったときにお客様に英語で説明しないといけない機会があり、自分が思っている以上にすらすらと言葉が出てきたとき。「You have to input those data into this item」「If you have any questions, please refer to this manual」「Let me summrize today's conclusion」など、基本的な英文ではあるが、支障なくコミュニケーションがとれたときはDMM英会話をやってて良かったなと思った。

それと、会社から言われて受験したアルクのTSSTというテストでスコア6を取得した。

【英語】アルクのTSSTスピーキングテストをはじめて受験してみました

【英語】TSSTの結果が出ました!

レベル6は総合商社では海外赴任レベル、英検で例えると1級の二次試験突破レベルらしく、これもDMM英会話を続けていた効果であると言ってよいだろう。

オンライン英会話が楽しくなった!

これまで、DMM英会話を含むオンライン英会話の授業ではかれこれ50人以上の講師を受講してきた。これは特に明確な基準があったわけではなく、「評判が良さそうだから受けてみたいな」とか、「この人美人だな」とかそういうたわいない理由であるが、続けているうちに、色々な国の人たちの話を聞いたりするのは面白いと思うようになった

初めのころは「英語を話す」ことに必死で、「スピーキングのための勉強」という感がなかなか拭いきれなかったが、徐々に余裕が出てきて、その人の価値観やバックグラウンドを聞いて話すことが面白くなってきた

例えば、セルビアという国はなかなか仕事が少なく、英語が話せるだけでは差別化にならないらしい。そこでスペイン語やドイツ語を勉強しているという若い先生がいて、なぜ語学を勉強するのかというトピックで盛り上がった。自分が英語を学んでいるの同じように、語学学習における悩みや難しさを共有することができるし、なにより志が高い自分より若い先生などの話は聞いているだけで刺激になる(おっさん臭いですが)。

もちろん、中には素っ気無い態度を取られたり、あまり良い思いをしないときもあるが、それも含めて良い経験として、どんどん新しい出会いを求めることが出来るようになった。結果として、オンライン英会話が楽しくなる→新しい会話を求めるようになる→スピーキングスキルが上達する、という好循環にもっていけるようになったと思っている。

だけど…まだネイティブスピードの会話にはついていけない 

今の自分の悩みはネイティブスピードの会話にはまだ付いていけないということだ。映画やドラマなど、複雑な言い回しや、スラングが多用される場面ではほとんど歯がたたない。

これは圧倒的にリスニングの時間が足りないためと想像しているが、とにかく、5000分程度英会話をやったところで、そこまでのレベルには到達しないということだ。

考えて見れば、オンライン英会話の授業は1コマ25分、2コマ連続で受講してもわずか50分で、そのうちネイティブスピードの英語を聞いている時間はわずかであるしかも相手は日本人相手に英語を話す非ネイティブ(フィリピン、セルビア人など)であり、必然的に会話のレベルも簡単なものにならざるを得ない。

そこで私が今実践しているのは、フレンズ勉強法というものだ。

フレンズを使った英語学習はもはや定番と言ってよいと思う。ざっとググッてみただけでもフレンズをオススメする記事が出てくる出てくる。

なぜフレンズがおすすめ? - 海外ドラマ 「フレンズ」 で楽しく学ぶ、ナチュラルでカッコいい英会話!!!

もはや定番の英語・英会話学習教材「フレンズ」(Friends)まとめ : ニューヨークの遊び方

いま思えば一番役に立った英語の勉強法と英語教材!? | 大学受験合格大作戦

海外ドラマ「フレンズ」のディクテーションとフレーズの暗記を1ヶ月続ける方法 - Higepon’s blog

英語耳をこれで作った?留学先で出会った友達お勧めの効果抜群リスニング勉強法 | ボキャブラリー | TOEIC Lab : TOEICを短期間で高得点を目指す人のためのサイト

海外ドラマ「フレンズ」で英語学習をするべき本当の理由 | 英会話通信

改めてDVD学習法を語る: シットコムで笑え! 海外ドラマ「フレンズ」英語攻略ガイド

海外ドラマで英語をマスターした人たちの勉強方法 - NAVER まとめ

今はとにかく、ネイティブスピードの会話を浴びるように聞くことが最も大事だと思っている。もちろん、なんとかラーニングのように、ただ聞きながすだけでは無意味で、コロケーションやスラングを一語一語理解しながら進めることが大事である。

このトレーニングは最近始めたばかりなので、効果の程はまたしばらくしてからご紹介したい。

オンライン英会話を進める上で効果的だと感じたこと

オンライン英会話は、ただレッスンを受けているだけではダメで、必ずインプットも並行して行わないと、なかなか上達を感じづらいと思う。それは、オンライン英会話はあくまでもアウトプットの場で、これまで身につけたこと以上のことを表現することはできないから。必ずインプットのトレーニングも並行して行い、自分の中の引き出しを増やしていくことが大切であると感じている。

インプットとして具体的にやったことは、瞬間英作文である。英語学習の中で瞬間英作文の有用性は何度も言い尽くされているが、ここ半年のインプットは本当に瞬間英作文のみにフォーカスした

瞬間英作文に関しては沢山テキストがあるし、人によってどのテキストが良いかは一概には言えない。そんななかで私が利用した瞬間英作文のテキストは以下のとおりである。

どんどん話すための瞬間英作文トレーニング (CD BOOK)

スラスラ話すための瞬間英作文シャッフルトレーニング

会話できる英文法大特訓 CD付

瞬時に出てくる英会話フレーズ大特訓

CD付 ネイティブなら子どものときに身につける 英会話なるほどフレーズ100 (スティーブ・ソレイシィの英会話シリーズ)

絵で見てパッと言う英会話トレーニング 基礎編 (語学書 単品)

絵で見てパッと言う英会話トレーニング 海外旅行編 (語学書 単品)

英会話ペラペラビジネス100 ? ビジネスコミュニケーションを成功させる知的な大人の会話術 [CD2枚付]

ドラゴン・イングリッシュ基本英文100

新・基本英文700選 (駿台受験シリーズ)

どれもオススメの書籍で、やればやるだけ表現力が増えるが、この中で特に効果があったのは次の2冊だ。

英会話ペラペラビジネス100 ? ビジネスコミュニケーションを成功させる知的な大人の会話術 [CD2枚付]

英会話ペラペラビジネス100 ? ビジネスコミュニケーションを成功させる知的な大人の会話術 [CD2枚付]

  • 作者: スティーブソレイシィ,Steve Soresi,ロビンソレイシィ,Robin Soresi
  • 出版社/メーカー: アルク
  • 発売日: 2002/03/16
  • メディア: 単行本
  • 購入: 26人 クリック: 200回
  • この商品を含むブログ (39件) を見る
 

私のオンライン英会話における基本的な表現はこのテキストから学んだと言っても過言ではない。本書の中には例文も沢山あるので、ひととおり終える頃にはかなりの文章を暗記することになる。「Would you〜」や「Just a moment」など会話に必要な最低限のエッセンスが詰まっているので本当にオススメである。 

新・基本英文700選 (駿台受験シリーズ)

新・基本英文700選 (駿台受験シリーズ)

 

次にオススメしたいのはこの本。基本英文700選である。

もともと、東大や京大などの英作文用のテキストとして有名な本書であるが、私が瞬間英作文しかやらなくても大丈夫だと言ったのは、本書は基本的な英語の構文や文法が網羅されており、これを暗記すれば簡単な英会話や英作文の引き出しを作れるようになるためである

この本の評判のひとつに「使い古された表現なので使えない」「文法に誤りがある」などがある(否定はしない)が、ひと通り暗記を終えた私としては、この本を使って学んだことは必ず自分の力になるということだ

具体的な勉強法や暗記法については別途記事にしたいと思うが、700の文章を暗記すると、劇的に自分の中での英語の引き出しが増えるのが分かるし、オンライン英会話もスムーズに進めることができるようになる。暗記するのは苦しいがそれを抜けると道が大きく広がるので、ぜひともオススメしたい一冊である。

まとめ

半年前の自分と比べると大分上達したとは思うが、まだまだビジネスでネゴシエーションできるレベルではないし、もっともっと練習が必要だと思っている。

時間がない社会人にとって重要なのは、いかに効率的な学習方法を取るかということだ。私が重視しているのはインプットとアウトプットのバランスであり、その結果がオンライン英会話と瞬間英作文という形である。

5000分というオンライン英会話の受講を経て、少しづつ効果は出てきていると思うが、これからも継続して学習を続けていきたい。

関連記事

nacrie.hatenablog.com

nacrie.hatenablog.com

nacrie.hatenablog.com