読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

そういうことブログ

About English learning, Lifehack and something like that..

2015年阪神2年目の横田慎太郎はロマンの塊

阪神タイガース

2015年の阪神は江越大賀(21)が若手注目株の筆頭として取り上げられることが多いが、もう一人、アスリートタイプの若手外野手がいる。2013年ドラフト2位の横田慎太郎(19)だ

横田慎太郎とは

http://hanshintigers.jp/data/img/player_images2015/24.jpg

横田 慎太郎(よこた しんたろう、1995年6月9日 - )は、阪神タイガースに所属するプロ野球選手(外野手)。父はロッテオリオンズなどで活躍した横田真之能力は非常に高く糸井二世と評される。打撃について高いレベルの技術、センスを持った選手。高校時代は投手としての出場機会も多く、地肩の強さも魅力で、脚力もあり、50m走は6秒1。

 江越同様、横田もセンスあふれる外野手である。高卒2年目なのでまだ19歳という若さも良い。左打ちで外野手ということもあり、背番号はミスタータイガース桧山を受け継ぐ「24」。首脳陣からの期待も高い。

阪神横田猛打ショー 掛布DC合格点 - プロ野球ニュース : nikkansports.com

阪神掛布DC、横田絶賛「ゴジラ以上」 - プロ野球ニュース : nikkansports.com

阪神横田 2軍では全試合1番起用 - プロ野球ニュース : nikkansports.com

横田のウリは身体能力

横田のウリは何と言ってもその恵まれた身体能力。公式サイトでは186センチ86キロとあるが、現在は93キロまで増量、さらに97キロまで増やすつもりらしい。これは糸井の187センチ88キロ、柳田の187センチ95キロを上回る体格である。

横田のこの特徴は、以下のトスバッティングを見れば分かるだろう。見た感じではフリースインガータイプの糸井というより、パワーヒッタータイプの柳田に近い印象を受ける。個人的には阪神では数少ない5ツールプレーヤーとして、まずは柳田のスタイルを目指して欲しい。

www.youtube.com

逆方向の打球に感じるロマン

以下は昨年のファームでの成績。

打率.225 本塁打6 打点23 盗塁6 三振62 長打率.382 出塁率.276 OPS.658

本塁打6は阪神ファームでは2位タイ。高卒1年目のルーキーとしては上々である。しかも8月以降は1試合3HRなど、上り調子でシーズンを終えた。180打席程度でこの成績であれば、今後実戦で経験を積めば十分活躍が期待できそうだ。(ちなみにファーム最多打数は北條の324)

また、横田のバッティングで特徴的なのはセンターからレフト方向への打球が多いことである。逆方向にホームランを打てるのはパワーとセンスがあるからこそ。もし一軍に上がることが出来れば、左バッターの脅威となる甲子園の浜風も、逆方向に飛ばせば味方にすることができる。

www.youtube.com

今後の横田の課題

怪我をしないこと

横田の持ち味は身体能力の高さであるが、とにかくまずは怪我をしないことが第一。一昨年もう少しで一軍というところで、怪我をしてチャンスをフイにしてしまい、その後はなかなか成績が上向かない一二三慎太という例もある。昨シーズンは後半に腰を痛めてしまったが、急激な体重増に体のバランスが付いていっていない可能性もある。それは本人も意識しているようなので、とにかく怪我には気をつけて欲しいところだ。「無事是名馬」である。

外野守備の強化

高校時代はピッチャーだったこともあり、外野守備に関してはまだまだのようだ。ただ、なんといってもまだ19歳。肩と足は良いようだし、練習態度もマジメとのことなので、熱心に守備練習に取り組んでなんとかモノにしてほしい。

まとめ 

江越の記事でも触れたが、阪神マートン、大和、福留のレギュラー陣以外の外野手の層が薄い。今成、柴田、伊藤(隼)、坂らがいるが、今いち頭ひとつ抜けきれない。補強が最低限で終わった今年はこの横田、江越を筆頭に若手にもチャンスが与えられるはずだ。なんとかアピールを続け、一軍定着を目指して欲しい。

関連記事

野球筋肉 エクササイズ編 [DVD]

野球筋肉 エクササイズ編 [DVD]