読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

そういうことブログ

About English learning, Lifehack and something like that..

韓国のファッションサイトDholic MENSで一歩進んだシンプルコーデを

最近、よく利用するファッションサイトの一つが、韓国発のサイトDholic(ディーホリック)

 

f:id:nacrie:20150509194510p:plain

 

シンプル&コスパが良いラインナップ

H&MやUNIQLO無印良品などのファストファッションが完全に浸透し、ファッションは「安くて良いもの」が当たり前になった。Dholicもそうした流れに迎合し、シンプルで安い商品が数多くラインナップされている。

私の感覚では、Dholicの商品の大まかな価格帯は以下の通りである。UNIQLOとほぼ同価格帯かそれより少し上くらい。ただ、UNIQLOにはないタイトめなシルエットがなかなか良い。それでいてシンプルにまとめられるこなれたデザインが気に入っている。

アウター:1万円前後

パンツ:5000円前後

ニット:3000円前後

靴:5000円前後

バッグ:5000円前後

たとえば、以下のファッションはすべて揃えても1万円程度だ。

f:id:nacrie:20150414132523j:plain
シンプルなTシャツと丈が短めのネイビーのパンツのコーデが爽やか

 

シンプルな服を着こなしたモデルスナップがいっぱいで参考になる

UNIQLOやZOZOTOWNでもそうだが、最近はコーディネートをセットとして商品を販売する手法がメジャーである。Dholicは「雑誌を買うほどではないけど、シンプルに少しおしゃれをしたい」くらいのレベル感に沿ったモデルスナップが沢山あって参考になる。

http://img.dholic.co.jp/stylebook/banner/7.jpg

 

特に↑のStyleBooKというコーナーではコーディネートに特化してスナップが大量にあるので参考になるし、個々の商品ページにおいても写真が沢山あってとても良い。

例えばこんな感じ。

f:id:nacrie:20150506132215j:plain
流行りの白スニーカーを取り入れたコーディネート

 

f:id:nacrie:20150509220621j:plain
ボーダーTとスリッポンのシンプルなスタイル

 

f:id:nacrie:20150509220759j:plain
ボーダーにジャケットを合わせたスタイル

 

バッグやアクセサリーや時計などの小物類も安い

最近流行のクラッチバッグや、シンプルなブレスレットやアンクレットを夏のワンポイントとして着けたいなと思っても、セレクトショップだとなかなか手が出にくい価格帯である。Dholicはこうしたちょっとした商品も大分安いので手が出しやすい。

レザー調のクラッチバッグ¥3,660

 

ブレスレット¥1,140

 

ただし、いくつか注意点も・・・ 

・返品、交換は可能。ただしアクセサリー類、バッグ、靴類は不可

返品や交換は可能である。交換については一度であれば送料無料で可能だ。ただしアクセサリー類、バッグ、靴類は不可なので注意が必要。靴はサイズ違いだともう履けないので、せめて靴だけは返品に対応して欲しいところ。
ちなみに本人都合の返品時は、サイトから返品情報を登録して、返品時の箱は自分で用意して返品すれば良い(返品先は韓国ではなく渋谷にある代理店)。私は返品時はなるべく小さめの袋を用意し、一番安い配送業者で返品している。

・品質や管理体制はばらつきがあるので注意

品質はやはりばらつきがある。縫製が甘いケースもあるし、色落ちすることもある。その点は価格帯を鑑みて判断したいところである。私の場合、明らかに商品画像と異なる色の服が贈られてきたことがある。QAで苦情を申し立て、交換してもらったが、こうしたイレギュラーケースは日本の会社だとあまり起きないことなので驚いた。

・サイズが大きめの商品と小さめの商品が混在している

シャツやTシャツは大体丈が長く(75cmとか)、サイズもワンサイズ展開(SとかMとかがない)が多いため、身長175cm以下の男性は手が出しづらい。逆にパンツはタイトなシルエットであるため、ももが太い方などは注意が必要。もちろん、すべてがすべてそうではないため、サイズをちゃんと確認することが重要。

このシャツは丈が短めで(70cm)タイトで良かった。

まとめ

多少問題と思う点があれど、セレクトショップだと高すぎる」「UNIQLOや無印だと野暮ったい」という方にとってはとても魅力的なデザインと価格設定であると思う。こうしたファッションサイトに対抗出来る日本発のファッション企業は私は知らない。

女性のファッションはわりと安価でもおしゃれができるブランドが多いと感じるが、男性の場合はなかなかそうはいかないのが現状である。メンズはレディースの3割から5割増しくらいの価格設定であることが多い。

Dholicをはじめアジア発のアジア人に合ったファストファッションの認知度が高まれば、男性もファッションに興味を持つ人が増えるはずで、こうした業界の構図も変わっていくことを願う。