読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

そういうことブログ

About English learning, Lifehack and something like that..

2015年5月のアセットアロケーションと主な投資商品

資産運用

2015年5月の私が保有する資産のアセットアロケーションは以下の通り。

アセットアロケーション(2015年5月25日時点)

 

トピック1:ニッセイ外国株式インデックスファンドを売却

先月、先進国株式として保有していた、ニッセイ外国株式インデックスファンドをほぼ売却し、いったん利益を確定した。ここしばらく、ダウ平均は18,000ドルの高値圏で推移しており、不安定なギリシャ情勢、米国の政策金利利上げによる先進国株の下落を憂慮した結果である。どこかのタイミングで再び押し目買いのチャンスが来ると思い、一旦手放すことにした。

 

トピック2:好調な日本株インデックスファンドを買い増し

日経平均は2万円を突破。「Sell in May」もなんのその、2014年度決算も好調でしばらくは上昇相場が続きそうな日本株他の先進国株式と比べて割安、かつ物価上昇がこのまま芳しくないようであれば日銀による追加の金融緩和も期待され、なんやかんや日経平均は22,000円程度までは相場の上昇が続くと予想。ここ数ヶ月の間に日本株のインデックスファンドを買い増した。

日本株式の現在の投資商品

  • ニッセイ日経225※積立中
  • ニッセイJPX日経400※積立中
  • ニッセイTOPIX※積立中
  • SMT TOPIX※積立停止

新たに、「ニッセイJPX日経400インデックスファンド」と「ニッセイTOPIXインデックスファンドを買い増し、積立も開始した。ニッセイの商品はいずれも信託手数料が驚くほど低い。それに伴いSMT TOPIXインデックスオープンは積立を停止した。

 

トピック3:日本個別株のリターンはいまいち

私のアセットアロケーションの中でかなりの割合を占めている日本個別株。現在7銘柄に投資中であるが、トータルでプラマイゼロかややマイナス、株主配当でわずかにプラスリターンというあまり芳しくない結果である。よっぽどインデックスファンドに投資していたほうが結果は良かった。やはり、私には淡々とインデックスファンドに投資するほうが向いているのかもしれない。日本個別株については現在撤退戦略を構想中。

 

トピック4:NISAはバンガード・トータル・ワールド・ストックETF(VT)で継続

以下の記事でも書いたとおり、100万円のNISA枠はバンガード・トータル・ワールド・ストックETF(VT)と若干のニッセイ日経225インデックスファンドで埋まっており、これらは継続して保有予定。

nacrie.hatenablog.com

 

今後について

しばらくは日本株の上昇を眺めながら、日本個別株の撤退を見定める時期が続きそう。また、先進国株式の割合が低いので、タイミングを見計らってニッセイ外国株式インデックスファンドを買い増しする予定。