読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

そういうことブログ

About English learning, Lifehack and something like that..

【節約Tips】日本経済新聞を無料で読む方法を試してみたら必要十分だった件

節約 生活

http://partsa.nikkei.jp/parts/ds/images/common/logo_nikkei_header.svg

ネット全盛になった今でも、社会情勢を簡易に把握するためのツールとしては未だに新聞、特に日本経済新聞の右に出るものはないと思っている私

最近は日経電子版のアプリも力を入れてきていて、キーワード検索や、拡大ズームなどのUIも大分良くなってきた。

しかし!いかんせん月額4,200円という値段が高い!

日本経済新聞料金表

サービス名 月額(税込み)
日本経済新聞(宅配)
朝・夕刊セット版地域
4,509円
全日版地域
3,670円
日経電子版 4,200円
電子版(海外向け) 4,200円
日経Wプラン(宅配 + 電子版)
朝・夕刊セット版地域
5,509円
(宅配4,509円 + 電子版1,000円)
全日版地域
4,670円
(宅配3,670円 + 電子版1,000円)

日本経済新聞料金一覧より

一日当たり140円だしコーヒー一杯分と思えば安いのかもしれない。社会人としての必要経費だと考える人もいるだろう。が、固定費の削減が家庭のキャッシュフロー改善の基本項目である。なんとかならないのかなと思って調べていたら、なんと日経新聞が無料で読む方法があるらしい

楽天証券の口座を持っていれば日経新聞を無料で読むことが出来る 

その方法とは、楽天証券の口座を持っていると自動付帯される日経テレコン経由で日経新聞を読むというもの。

www.rakuten-sec.co.jp

楽天証券では投資家に対する情報提供の名目で、口座保有者に日経テレコンを無料提供しており、楽天証券のスマホアプリiSPEEDから利用できる。閲覧できる媒体も日経新聞だけではなく

日経産業新聞

日経MJ

日経地方経済面

日経プラスワン

と多岐に渡る。

しかし日経電子版と比べるとデメリットもある

無料で読めるので文句を言う筋合いはないのだが、日経電子版と比べると、やはり使い勝手や読みやすさという面ではかなり見劣りする。私が気になる点を具体的にまとめてみたものが次の表だ。

  日経電子版 日経テレコン
記事へのアクセス アプリを起動するのみ iSPEEDから日経テレコンにアクセスし、
記事を一つ一つ手で選ぶ
ユーザインタフェース 紙面・テキストどちらも可 テキストのみ
※一度に表示できる記事数に制限あり
キーワード登録 不可

記事へのアクセスが面倒くさい 

日経電子版はアプリを起動すればすぐに紙面が開き、記事にアクセス可能である一方、日経テレコンでは、iSPEEDをダウンロードしておき「iSPEEDから日経テレコンにアクセス→「今日の新聞」から見たい媒体を選択→記事を選ぶ」という3ステップが必要となる。これは日経電子版に慣れてしまった私にとってそれなりにストレスであった。


1.iSPEEDにログイン

f:id:nacrie:20161106171544p:image

2.日経テレコンのアイコンを押しログイン

f:id:nacrie:20161106171612p:image

3.今日の新聞を選び

f:id:nacrie:20161106171624p:image

4.記事を選び

f:id:nacrie:20161106171638p:image

5.記事を表示すると

f:id:nacrie:20161106171650p:image

6.ようやく記事が表示される

f:id:nacrie:20161106171701p:image

 

記事の一覧表示はテキストベースのみ

記事の一覧表はテキストベースのみとなっており、日経電子版の紙面にあるようなわかりやすいグラフや表などは見ることが出来ない。また、一度に表示できる記事数は200が限度となっており、意識的に記事数を200以下に抑える必要がある

ちなみ200件以上記事を表示しようとしたときに出力されるエラーメッセージは「100件以下」となっているが、これは誤りだと思うので修正して欲しいところ。

f:id:nacrie:20161106171548p:image

キーワード登録ができない 

私が日経電子版で活用していた機能の一つに「キーワード登録」がある。これは事前に登録していたキーワードを自動的に収集し、ハイライトしてくれるものであるが、当然ながらこの機能は日経テレコンでは使えない。

まとめ 

上記のような不便さはあるものの、月額4,200円、年間50,400円払う価値のあるものかといわれるとそうでもないかなと思い、思い切って日経電子版は解約してしまった。一度慣れてしまえば不便さは気にならなくなったというのが正直なところである。

日経新聞の固定費を見直したいという方は一考の価値はあると思います。